キネマ土佐町

「キネマ土佐町」は、2016年8月末から土佐町に住み始めた写真家の石川拓也が作る土佐町PR映像です。

秋バージョンから始まり、冬・春・夏と4編でひとつの映像集となる予定。(2017年6月現在、春編を作成中)

四季が一周したときに、美しい土佐町の暮らしをお伝えできると思っています。

❖ mp4データのダウンロードはこちら

キネマ土佐町

[動画] キネマ土佐町・春

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

撮影・編集: 石川拓也 音楽:Stringspace String Quartet

「キネマ土佐町・春」

を公開します。

キネマ土佐町は写真家の石川拓也が作る土佐町の季節の動画。

秋編から始まり冬編、そして春編まで完成しました。(2017年8月現在・夏編を製作中)

 

冬編から一転、たくさんの命が芽吹く様子を見ていただけると思います。

こういうことを春の季語で

山笑う

と表現するらしいですね。

音楽はオーストラリアの弦楽グループ、”Stringspace String Quartet“。

曲はおそらく多くの方が聞いたことのあるあの曲です。

 

キネマ土佐町

キネマ土佐町 冬

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

町内では2017年3月に公開した「冬編」

高知県のイメージは冬も暖かい南国のイメージですが、土佐町のある嶺北地方はひと味違います。

山深く雪の多い土佐町の冬。そこには凍りつくような美しい暮らしがあります。

音楽はヨーロッパの様々なミュージシャンが集まった混成バンド、Macfeck。

ヨーロッパの伝統的な民族音楽を奏でるこのバンドの曲”Shlofn”は、高地ドイツ語とヘブライ語が混ざり合った方言である「イディッシュ語」の古い子守唄です。

イディッシュ語はいわゆる「失われゆく言語」

戦争で多くのドイツ系ユダヤ人が迫害され殺害されたために、現代では話せる人が極端に少なくなってしまった言葉です。

撮影・監督・編集: 石川拓也   音楽:Macfeck 製作:土佐町役場

キネマ土佐町

キネマ土佐町 秋

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

キネマ土佐町の1作目、「秋編」

土佐町の秋を映像にしました。

山の暮らし、町の暮らし、手しごと、星空、雲の動き。

音楽はスペインのバイオリニスト、パコ・モンタルヴォ(Paco Motalvo)の”Oriental”。

 

撮影・監督・編集: 石川拓也  音楽:Paco Montalvo  製作:土佐町役場

 

 

秋 渡貫家Ver.

「秋編」には、本編とは別に「渡貫家Ver.」が存在します。

渡貫家は土佐町の平石という地区で自然生活を営む家族。「むかし暮らしの宿 笹のいえ」という宿もやっています。

「秋編」には渡貫家の長女「ほの波」と次男「耕丸」が登場しますが、渡貫家Ver.は加えて長男「玄人(げんと)」も出演(しかもセリフ付き!)します。

ラスト5分過ぎまでは本編と一緒ですので、映像の最後までご覧ください。

 

撮影・監督・編集: 石川拓也  音楽:Paco Montalvo  製作:土佐町役場