笹のいえ

笹のいえ

日が昇るまえに

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

朝5時。

まだ太陽が昇る前に起きて、釜戸で湯を沸かし、珈琲を淹れるこの時間は、僕の好きなひととき。
静かといっても無音ではなく、自然に囲まれた笹の環境では、いろんな生き物たちの音が心地よいBGMのように流れる。

田んぼに水が入ってるときは、蛙たちの大合唱だったけど、中干しして水がなくなると、彼らはどこへいってしまったのか、
すっかり声が聞こえなくなった。

蛙に代わる最近のBGMは、ヒグラシ。
その名前から夕方に鳴くものだと思っていたけれど、早朝や曇天の日中、薄暗い林の中でも聞こえるのに気付いたときは、
ちょっとした発見だった。

お天道様が顔を出しはじめ、徐々に明るくなると、この時間はおしまい。
他のセミや鳥のさえずりが加わって、今日も賑やかな一日がはじまる。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

今日の保存食

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

6月に我が家で採れたソラマメで作った豆板醤。

本当は最低でも2カ月は寝かせたいところ、でも今年は麹多め、唐辛子少なめのマイルド仕様にしたので一カ月で様子を見がてら味見してみることに。

味見をしたらもうすっかり味が馴染んで美味しい!なので早速解禁しました。

調味料としてももちろん、ごはんのお供に、きゅうりにつけても美味しい。

こどもは食べれないけど大人用に食卓に常備しようかしら。
保存食だっていつもの料理と同じ、声かけて、様子見て、味見して、自分がいいと思ったら食べちゃう。

保存食で「今うちの〜がこんな状況なんです」って相談を受ける時がたまにあるんだけど、いつもわたしの答えは同じで、「食べてみて美味しかったら大丈夫」。

わたしは自分の味覚を信じていたい。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

釜戸

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

日々の調理には、釜戸を使っています。

僕らが引っ越してくる前から台所にあった釜戸ですが、ヒビが入っていたので、
周りを耐熱モルタルで固めて、再利用しています。

引っ越し当初は、調理に充分な薪が手に入るか分からなかったので、ガスを契約していました。
いざ暮らしはじめてみると、ご近所さんたちの口コミのお陰でたくさんの木が集まり、
一年経ってもガスの使用量ゼロだったので解約。
すぐにお湯を沸かしたいときなどは、カセットコンロを使います(稀ですが)。

確かに、薪を集めて、適当な長さに切って、乾燥させる、という手間はあります。

けれど、エネルギーの一部を自給するということは、僕たちに大きな安心と豊かさを与えています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

今日のおかず

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

我が家の食卓にひき肉は登場しないので、
凍り豆腐とひよこ豆でドライカレーを作りました。
お豆腐は半額になったタイミングで買っていつも冷凍ストックしています。
解凍すると高野豆腐のような食感に。
凍り豆腐(凍らせ豆腐)は煮物に、カレーに、そぼろにと
色々変身して食卓を賑やかにしてくれます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

卵焼き

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

笹のいえの食事の基本は、お米と野菜や穀物、海藻など。

市販のお肉や卵などの動物性食材や乳製品が、食卓に上ることはほとんどありません。

それでも、自然豊かな山暮らしをするようになって、知人友人から、ジビエと呼ばれる猪や鹿、川で捕れた魚、
自家製飼料や自然に近い飼育環境で育った鶏や卵などをもらうことがあります。
そんなときは、ありがたくいただいています。

この日は、質の良い卵が手に入ったので、夕食に出すことにしました。

卵が大好きな子どもたちは、我先にと釜戸の前で卵焼きを作りはじめます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

雨上がりに願う。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

台風3号の去った午後遅く。

切ってきた竹に、作っておいた飾りや願い事を吊るした。

七夕まであと数日。足早に通り過ぎていく雲を見ながら、
「今年は天の川が見えるかしら」「そうしたら願い事が叶うかな」なんてぼんやり考える。

雨の匂いが残るしっとりした空気を吸い込んで、夏のはじまりを感じた一日。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

今日のおかず

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

毎年、春夏はぬか床を作ります(冬場はかき混ぜるのがつらすぎるので無理せずやめちゃうのですが)。
今、笹のきゅうりはまだ漬物にまわすほど取れない(子どもたちのおやつでおわってしまうくらい)時期だけど、ちょうどぬか漬けは絶好調。

きゅうりがどんどん無くなります。きゅうりの栄養価はたいしたことないけれど、ぬか漬けにすると醗酵のおかげで、腸にも肌にも嬉しい効果が期待できるんだとか。

なーんて、ただ好きだから食べてるだけですが、我が家の無農薬玄米の美味しいぬかが生かせるのも嬉しいところ。

ごはんとお味噌汁にぬか漬けさえあれば美味しい朝ごはんのできあがり。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

ネムノキ咲くころ

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

田んぼの草取りをしているとき、道向こうにあるネムノキにふと目をやると、小さな蕾が膨らんでいた。

以前知人が「このへんはネムノキの花が咲いている間が大豆を蒔く時期」と教えてくれたのを思い出して、
去年収穫した大豆をトレイに播種しました。

僕らの暮らしにとって、大豆は米と同じくらい大切な作物。

今年も無事収穫できるといいなあ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

今日の保存食

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

新玉ねぎが美味しい季節ですね。
わたしも甘くて美味しい新玉ねぎ大好きです。
でも新玉ねぎって痛みやすいんですよね。
たくさん可愛らしいサイズの新玉ねぎを頂いたので新玉ねぎのカレーピクルスを漬けました。
カレー粉は家にあるスパイスを適当に配合、、って言うと格好いいですが、ターメリックとクミン、コリアンダーだけ。これだけでもなんとなくカレーっぽくなります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

染まる季節

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

「とーちゃん、みて!」

家に帰って来るなり長男が差し出した手は、深い紫色に染まってた。
知人宅にある桑の実がどれだけ美味しかったか、語る口の周りも染まってる。

その姿、なかなかカッコイイぞ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
4 / 41234