2024年6月

“4,001”

土佐町の現在の人口です。(2017年6月末時点・土佐町公式サイトによる)

注:土佐町の総人口が3,997人(2017年4月末時点)から4,001人(6月末時点)に増加したことに伴い、当プロジェクト名も「4,001プロジェクト」に変更になりました。

“4,001プロジェクト”は土佐町に住む人々を、全員もれなく、写真家の石川拓也が撮影する計画。

念のため書いておくと、「全員もれなく」…あくまで目標です。

土佐町の人口の増減によって、タイトルもたまに変わります。  (敬称略・撮れたときに不定期更新)

4001プロジェクト

稲村愛子 (南泉)

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

 

稲村愛子さんは、現在99歳。お元気!

現在では田井の元気村でお住まいとのことです。生まれは大正14年、相川の白石。

23歳の時分、南泉のご主人の元へ嫁入りし、以来ずっと農家さんをされていたそうです。

結婚以前は4年間、家庭科の教師をされていて、高知市長浜の学校などで教鞭を取られたそうです。

洋裁やパッチワークが得意で、土佐町立図書館などには愛子さんが作った作品が飾られています。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
4001プロジェクト

前田典子 (石原)

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

 

前田典子さん、昭和10年宇佐生まれ宇佐育ち。ご両親は宇佐で薬局を営んでいたそうです。薬剤師のお父様は戦争に出征し、その後をお母様が引き継ぎ経営していたそうです。

22才で土佐町石原出身のご主人と高知市で結婚され、長らく市内で製材所を営んでいらっしゃったということです。

その後ご主人の故郷である石原へ移り、以来30年石原にお住まいです。

この年代の方々とお話ししていると、当たり前ですが人生に深く影響している戦争の影を感じます。

大変な時代だった、と笑顔でお話しされる方々が多いのですが、ある日突然「出征しなさい」と自身に、または愛する家族や友人に、命令が届く。

そんな当時の過酷な現実は今ではお話を聞いて想像する以外ないのですが、お話を聞けば聞くほど、少しずつ現実的に捉えられるようになると思います。

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

土間

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

十一年前の母屋改修について、今さらながらの思い出話を少し。

もともと台所は土間だったが、長年の使用で土が削れたり凹んでいたりして全体的に痛んでいた。そこで、コンクリートを使った新しい土間に作り替えようということになった。しかし、そんな大掛かりな作業は僕にとって初めてで、どこから手をつければいいのかさっぱりわからなかった。

幸い、別の改修作業を頼んでいた友人の陣さんが力を貸してくれた。彼は香川県で廃材を使って家を建ててしまったツワモノで、「廃材建築」の達人だ。彼の指示とアイデアのおかげで、作業はぐいぐいと進んだ。

まず土の上に砕石を敷き、水平を出す。地域の石屋さんからもらった石や墓石の切れ端を嵩ましとして使い、さらにコンクリートを流し込む。レベラーで水平をチェックしながら、左官鏝(さかんごて)で床面を整える。このようにして、新しい土間が完成した。

台所の床を土間にしたいと希望したのは奥さんだった。その最大の利点は「床が汚れても気にならない」こと。食べ物を床にまけようが、田畑から戻ってきた僕が泥だらけの長靴で歩こうが、土間ならそんなに気にならない(気にならないぶん、掃除の回数が減ってゴミは溜まっていくのだが)。

掃除も外箒でさっと履き出せるし、水で汚れを一気に洗い流すこともできる。ただし、表面が磨かれた墓石は濡れると滑りやすいので、雨の日などには注意が必要だ、ということがのちに判明する。

いろいろと改善点はあるものの、いまでは土間無しの生活は考えられない。靴を脱がずに食事が取れたり、ストーブで暖が取れるこの場所は、毎日のように野良作業や外での仕事がある僕らの暮らしにぴったりだ。ただ、土間に慣れていないゲストが靴下や素足で歩いて足の裏が真っ黒になるので、その度に説明が必要だけど。

日本家屋の素晴らしさにはいつも感心する。日本の気候や地域の環境にぴったりと合った造りは、住めば住むほどその利点がわかってくる。

改修から十一年、あの日土間を作ってよかったなあと、今でもしみじみ感じている。

 

写真に写っているのは、陣さん。

僕が彼と知り合って以来、いつも影響を受けている。超かっこいい生き方。

YouTubeもやってるので、気になった方は「廃材天国」で検索してみて。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
レイホクゴロワーズ

レイホクゴロワーズ開催‼️ その1

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

1 はじめに

 

高知県は嶺北地域にある土佐町で、A-TEAMというグループ名で地域おこし活動を仕事の傍ら行なっております。A-TEAMリーダーの谷泰久と申します。

もうかれこれ地域おこし活動を始めて24年ほど経ちました。

人生の半分をA-TEAMとして活動してきた事になるんですよね。

あまりの時の流れの早さに怖さを感じます(笑)

今回このような場をお借りして、A-TEAMの活動を発表出来る事を嬉しく思います。

ありがとうございます。

 

ここでは今まで行ってきたイベントの中で、開催する事が私の夢でもあり目標でもあった、子供を対象としたキッズアドベンチャーレース、「レイホク・ゴロワーズ」について書いていこうと思います。

宜しくお願い致します。

 

それは私がまだ広島県にあるスポーツ指導者を育成する専門学校に通っていた10代の頃にさかのぼります。

あの時たまたま手にした雑誌の記事で知ったあまり聞き慣れないアドベンチャーレース、という競技

その名を  「レイド・ゴロワーズ」。

雑誌の写真を見るだけでゾクゾク、ワクワクするような写真がたくさん載っていました。

アドベンチャーレース⁉︎という競技は聞き慣れない名前の競技ですので簡単に説明しますね。

 

スタートとゴールは決まっているんですが、ルートは決まっておらず、決められたチェックポイントを確実に通過していき、チェックポイントに置いてあるスタンプを押したり、パンチで穴を開けてチェックポイントを通過した証拠を残しながら早くゴールを目指すレース競技。

ルートが決まっていないので、地図やコンパスを使ってルートが合っているかを確認しながら最短ルートを探し、安全に走破出来るのか、をチームで話し合いながら進んで行きます。

その中で行う競技はカヤック、トレイルランニング、ラフティング、マウンテンバイク、クライミング、SUPなどを行っていきます。場所によって競技が変わっていくこともアドベンチャーレースの面白いところだと感じました。

またアドベンチャーレースの面白いルールが、チームとして四人一組で離れず共に行動する事、チームには女性が必ず一人以上入る事など大変厳しい状態の中、助け合いながら早くゴールを目指すレースになっている事。

判断力、体力、知力、経験値など人間の持っている感覚をフルに活用しながら協力し助け合わなければゴールすら出来ない事。

そういったところに着目し、

「いつの日か自分の故郷である土佐町に帰って、嶺北の子供達を集めて子供版で開催出来るぞ!大会名はレイド・ゴロワーズからレイホク・ゴロワーズへとユーモアのあるモノに変更して子供達が厳しくも安全に様々な事にチャレンジしながら手を取り合い協力して進んで行けるイベントへ」と

長年心の中で思い描き、頭の中で構想を練って気持を高ぶらせておりました。

そしてイベントに参加して経験する事で

「子供達の心と身体の成長に必ず繋がる」

「嶺北や土佐町としての地域の財産にもなる」と

様々なアクティビティを体験するイベントとなれば、そう簡単に開催できる訳ではありません。

また、参加対象が子供達となると安全面を徹底的に注意しておかなければなりません。そんな責任感の必要なイベントを数日間共に活動をしてくれる頼もしいスタッフや仲間が必要となります。

そんな事も全て頭の中で組み立てていかないと簡単に目標は達成出来ません。 地元に帰ってA-TEAMを結成してからヤンマーディーゼルのように、大きな物から小さな物まで🎵様々なイベントを行なってきましたが、多くのアクティビティを体験するキッズアドベンチャーレースはそれらとは違ってまったくの別物になります。

Uターンしてすぐの頃から友人や知り合った仲間に熱くこの想いを語り、将来的にキッズアドベンチャーレース、

「レイホク・ゴロワーズを開催したいんだ!」

という話をして、理解のある協力者を求めてきました。

 

つづく

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
とさちょう植物手帖

マンネングサの仲間

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

昨年のNHK朝ドラ「らんまん」で一躍有名になった花の一つがマルバマンネングサ(丸葉万年草)でした。

牧野富太郎がロシアの植物学者マキシモヴィッチに標本を送り、新種と認められて、学名がSedum makinoi Maxim(※セダム・マキノイ・マキシム)とつけられました。

牧野は、自分の名前を学名につけてもらって大喜びしたというエピソードが残っています。

1888年(明治21年)のことです。

 

そのマルバマンネングサが土佐町で咲き始めました。

マンネングサはベンケイソウ科の多肉植物です。

水分の少ない場所でも平気で育ち、厚みのある葉はいかにも堂々としていて万年でも生きていられるような雰囲気の草です。

マルバマンネングサはその名前のように葉に丸みがあります。

マルバマンネングサ

翌1889年には、牧野は大久保三郎と連名で日本人として初めて独力でヤマトグサ(大和草)に学名をつけ、これを皮切りに日本人が次々と新種を発表するようになりました。

日本の植物学史上最も画期的な出来事です。

 

 

その2年後の1891年には、牧野はコモチマンネングサ(子持ち万年草)にも学名を命名し新種として発表しています。

コモチマンネングサ

一見マルバマンネングサに似ていますが、葉の脇に小さなムカゴをつけるところが異なります。ムカゴは地に落ちて発芽し、これが和名の由来となったものです。

 

 

「らんまん」効果で新たに出現したマンネングサもあります。

オノマンネングサ(雄の万年草)です。

土佐町地蔵寺の民家の石垣にずい分以前から在ったみたいですが、確認されることのないまま過ぎていました。

オノマンネングサ

昨年6月に放映された「らんまん・マルバマンネングサ」の後、土地の所有者が石垣のマンネングサを思い出しました。

「あれ?」

「マルバマンネングサとはちょっと違う」

「何だろう」

そんな経過から明らかになったのです。

オノマンネングサは比較的珍しい植物で、土佐町でその生育が確認されたのは初めてのことだと思います。

草丈10~30㎝の大形のマンネングサで葉が3個輪生します。

名前は別種のメノマンネングサ(雌の万年草)に対比したものです。

 

 

3輪生の葉のマンネングサは他にも1種あります。

ツルマンネングサ(蔓万年草)といって、葉が特徴的な楕円形をしていて披針形の葉のオノマンネングサとの違いはすぐに見分けられます。

ツルマンネングサ

花をつけない茎は蔓のようになって地を這います。

東アジア原産の外来種です。

 

 

原産地不明の外来種も咲いています。

オカタイトゴメ(陸大唐米)という名前のマンネングサの仲間です。

オカタイトゴメ

「マンネングサ」というよりも「セダム」と言った方が似合いそうで、持ち帰って鉢植えにしたいような雰囲気の草です。

葉は長さがわずか3㎜ほどしかなく、米粒のような形をしています。

「オカ」は海浜地域に多い別種のタイトゴメに対する内陸を意味しており、「タイトゴメ」は米粒のような葉を外米(長粒米)に見立てたものだそうです。

 

因みに数あるマンネングサの仲間の中で一番早くに咲いて、何処にでもあって、賑やかな黄色で誰の目にも留まるメキシコマンネングサは、今はもう花の時期を終えています。

 

 

※セダム・マキノイ・マキシム

マキシモヴィッチが牧野富太郎に敬意を表して学名にその名を織り込んだもの

属名:セダム(セダム属=マンネングサ属

種名:マキノイ(牧野富太郎を表す

命名者名:マキシム(マキシモヴィッチのこと

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
土佐町歴史再発見

② 歴史が身近に感じられる瞬間

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

歴史の授業で、生徒に好きな時代を挙げさせると、必ず出てくるのが幕末だ。坂本龍馬や中浜万次郎の名はみんなが知っている。だが、私の授業では、超有名人の彼らの話はそこそこに、自分の先祖の話を取り入れるのが常だった。

幕末の土佐藩は公武合体派(1)だったが、土壇場で倒幕に舵を切った。そして、それを軍事的に可能にしたのが板垣退助だった。板垣は、土佐藩の誇る西洋式歩兵大隊を編成し、戊辰戦争では迅衝隊(じんしょうたい)の司令として部隊を率いた。

実は私の縁戚に当たる人物が板垣の部下だったらしく、その名を野本平吉直繁(のもとへいきちなおしげ)という。二番小隊の小隊長で、「従軍日記」を遺していた。この「日記」によれば、慶応4年(1868)、鳥羽・伏見の戦いでの会津藩兵と新選組は滅法強く、味方に多くの死傷者が出たことが記されていたらしい。必ずしも新政府軍の圧勝ではなかったのだ。(2)

同年2月14日、再編成を終えた迅衝隊は、江戸を目指して京都を立った。しかし、そのなかに平吉の姿は無かった。部隊の出発前、平吉は無断で宿舎を抜け出し、商家において金子(きんす)を借用しようとした。偶然居合わせた同僚に不正を見咎められ、逃走した挙げ句、市中で逮捕されてしまう。取り調べの結果、軍規違反の罪で斬首を命じられた。命じたのは板垣だった。(3)

板垣は軍規に厳しかった。しかし、だからこそ、戊辰戦争における土佐藩兵の規律は「薩摩・長州よりいい」と言われていた。時は流れ、自由民権運動が盛り上がっていた頃、板垣の演説会が北関東や東北地方などで盛況だったのは、案外こうしたことも背景にあったのかも?…などという話をすると、生徒たちは、私の先祖の話から板垣の人柄に思いを馳せ、歴史嫌いの生徒たちも、少しだけこの時代を身近に感じるのだった。

そう言えば、先日民具資料館で江戸時代の土地台帳をめくっていたら、土佐町内に領知(土地)を持っていた藩士の名前が見え、あるページで手が止まった。そこには何と「乾退助(板垣退助)」の名があった。

板垣退助の家は、江戸時代には「乾姓」を名乗っていた。乾家の先祖は甲斐国出身で、主人・山内一豊に従って土佐に入国している。江戸初期のことはよく分からないが、四代・正方の時には、御馬廻組頭を勤め、二百石取りの上士だった。興味深いのは、領知の内の十八石が何と現在の土佐町内にあったことだ。

ワクワクしてさらにページをめくると、今度は「野本平左衛門」(本家筋)の名が見えた。何の因果か、土佐町でも私の先祖は板垣退助と関わりがあったのだ。

まさに歴史が身近に感じられる瞬間だった。

「森村土免定」  旧森村の土地台帳(地租決定のための基本台帳)。乾家は現在の土佐町内(土居・北泉・宮古野・溜井・南泉・相川・南越・早明浦)に土地を持っていた。万延元年(1860)9月30日、土佐藩の免奉行(徴税責任者)に任命された乾退助は、乾家の土地も含めて、村内すべての土地に関する課税率を検査し、承認している。

江戸時代の退助の活動(当時25歳前後)を知る極めて重用な史料である。退助は自身の字にコンプレックスがあったといい、徹底的に自署を嫌ったというが、さすがにこれは本人のものだろう。

野本平左衛門は惣領家の人物とみられる。乾(板垣)退助の祖父・庄右衛門の弟が野本惣領家の養子となっていることから、乾家と野本家は親戚関係にあった。

 

(1)「公」は朝廷、「武」は江戸幕府のこと。土佐藩主・山内豊信(容堂)が徳川家に恩義を感じていたため、土佐藩は最後まで朝廷と幕府が協力して新政府をつくることを藩論としていた。
(2)迅衝隊が入京したのは、鳥羽・伏見の戦いが終わった後なので、この話は戦闘に加わった先発の藩士から聞いたことを書き留めたものとみられる。
(3)平吉の家は、元文五年(1740)年頃本家から別れた分家である。本人は品行方正、学問優秀で藩から表彰されている。山内容堂の小姓(こしょう)にも抜擢された期待の人材で、板垣の信頼も厚かった。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
土佐町歴史再発見

① 歴史嫌いと歴史好き

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

「歴史嫌い!知らんでも困らんし…」。26年ぶりに教壇に復帰した私に、数人の女子から容赦ないダメ出しが出た。赴任直後は少々ボケ気味だったが、これで一気にヤル気スイッチがオンになった。

言うまでもないが、「歴史嫌い」の生徒に対する特効薬はない。色々思案したが、せっかく博物館にいたのだから、オリジナルのネタを授業に取り入れることにした。指導書どおりにやってもマンネリになるだけだし、何より教えている自分が面白くない…。

「同じ武士なのに源平合戦の平氏って何でこんなに弱いが?」「源頼朝(みなもとのよりとも)には、「の」を付けるのに、織田信長には何で「の」を付けて読まんが?」「金閣寺という寺はないのに何でみんなそう呼ぶが?」「徳川家の将軍の名前に「家」が付く人と付かない人がいるのは何でやろ?」「何で?」「何で?」のシャワーを毎時間浴びせてみる。

できる限り小道具も使う。例えば、漫画「サムライ先生」や「ベルサイユのばら」の一場面を拡大して示し、主人公の置かれた状況を発表させたり、火縄銃や頭形兜(ずなりかぶと)の実物を町の民具資料館から借りてきて、各部位の形状にどんな意味があるのかを考えさせる。

鉄黒漆塗頭形兜(てつくろうるしぬりずなりかぶと) 頭形兜は、それまでの兜表面の筋立てを無くし、僅か三枚の幅広の鉄板で成形され、頭にフィットするように考案された。戦国期に誕生した兜の一種で、火縄銃とセットで解説すると授業が盛り上がる。

完成されたフォルムは現代の視点で見ても斬新だ。映画「スター・ウォーズ」のダースベイダーのかぶり物にも採用されたことは有名。土佐町にこの兜があること自体興味深い。

三段(さんだんじころ)の三段目だけが金箔押しになっている。漆黒に浮かび上がる金の一筋。センス抜群!

 

 

班活動では、江戸時代の村絵図(土佐藩内の実物のコピー)を示し、庄屋と百姓の家の大きさを比べさせたり、村内の川に橋がかけられていない理由をまとめさせる。また、土佐藩の「参勤交代絵巻(写真)」に描かれている鷹や、袴を付けている武士といない武士などに注目させ、討論させるetc.。

こうした授業では、歴史の好き、嫌いにかかわらず大概の生徒がノってくる。教科書に答えがないからこそ面白いのだ。普段半分寝ている生徒でも、思いがけない発言をし、その日の主役になる。実は、この手法は学芸員時代の展示解説やワークショップで培ったもの。短い時間でお客の心を掴むには、初発の1分、いや10秒以内に何を投げかけるかで勝負が決まる。面白くなければ誰もいなくなってしまうのだから…。

歴史の授業に自信がなく、マンネリに悩んでいる社会科の先生方には、是非博物館のワークショップなどへの参加をお勧めしたい。すぐ使えそうな授業ネタがゴロゴロ転がっていて、楽しいこと請け合いだ。もちろん、こんな授業は毎時間できないし、やったからといってテストの平均点が上がる訳でもない。だが、確実に変化は起きる。

一年が経ったある日、冒頭で触れた女子の一人が、「せんせー、歴史最近マシになってきたで…」と笑顔で話しかけてきた。案外「歴史嫌い」の生徒ほど「歴史好き」に大化けすることがある。私は、ある意味「歴史嫌い」の生徒に鍛えられ、それが喜びにつながっていたのだとしみじみ今思う。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
メディアとお手紙

高知新聞 閑人調 20

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

とさちょうものがたり編集部の鳥山が、2023年春より、高知新聞の「閑人調」というコラムに寄稿させていただいています。

このコラムには数人の執筆者がおり、月曜日から土曜日まで毎日掲載。月初めにその月の執筆者の氏名が掲載され、コラム自体には執筆者のペンネームが文章の最後に記されます。

鳥山のペンネームは「風」。月に2回ほど掲載されます。

 

やなせさん

香美市出身の漫画家、やなせたかしさんは「人間が一番うれしいことは何だろう?」と長い間考え続けていたそうだ。そして見つけた答えは「人は人を喜ばせることが一番うれしい」。自分の作品を見た人が喜んで笑ってくれるとうれしくてたまらない。笑い声を聞きたくて、喜んでくれるのがうれしくて、描き続けることができたという。

生活しているとさまざまな「うれしい」と出合う。例えば、自分の取り組んだ仕事を喜んでくれた人がいたり、子どもが「このおかず、おいしい!」と言ってくれたり。

相手が笑ってくれた、楽しんでくれた、喜んでくれた。その実感に励まされ、大きなエネルギーをもらいながら、私は今まで何とかやってくることができたのだと思う。

「人間が一番うれしいことは?」。

その問いの答えはどこか遠くにあるのではなく、きっといつも自分のそばにある。

目の前のあの人、この人、誰かを喜ばせることが巡り巡って自分の喜びになっていく。その循環はきっと世界共通。人間は、そういったことにうれしさや喜びを感じる生き物なのだと思う。

「人生は喜ばせごっこ」。

やなせさんの言葉はまさしく真理だと、今実感している。

(風)

 

2024年5月1日の高知新聞に掲載されたコラム「閑人調」です。

最近、高知県香美市出身の漫画家、やなせたかしさんの著書を読んでいます。

やなせたかしさんといえば、子どもたちに大人気、丸顔の正義の味方「アンパンマン」の作者というイメージが浮かぶ方も多いと思います。

アンパンマンは、やなせさんがが従軍し、空腹ほど辛いものはないという経験から生まれたキャラクターであることを知りました。いや、キャラクターというよりも、やなせさんの哲学そのものと言ったらいいでしょうか。

アンパンマンは、やなせさんが50歳の時に誕生。やなせさんはそれまで、代表作と言えるものがないという思いに苛まれていたといいます。そう知ってから、あちこちでにっこり笑っているアンパンマンの見え方が変わりました。

そのやなせさんが遺した言葉の一つが「人生は喜ばせごっこ」。やなせさんがご存命だったら「まさにその通りです!」とお伝えしたかったです。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
笹のいえ

十三年ぶりの夫婦時間

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

今年度に入って、僕たち夫婦の生活に大きな変化が訪れた。それは、「子どもがいない時間」が現れるようになったことだ。今年度から末っ子が保育園に通うようになり、実に13年ぶりに夫婦だけの時間ができるようになった。

第一子である長女が生まれてから今年の三月まで、特別な場合を除き、僕ら夫婦の周りにはいつも子どもたちがいた。しかし、四月からは平日には毎日のように二人きりになる機会が訪れるようになる。

数ヶ月前、この事実に気づいたときの僕たちの反応はある意味対照的だった。

僕は、これまで子どもたちに時間を割かれてなかなかできなかった農作業を一緒にしたり、静かな環境でお互いが思っていること考えていることの共有、それから子どもがいると行きづらかったカフェや美術館に行くことなど、何からはじめようかと考えていた。
一方で、妻は「子どもがいない日が来るなんて」と涙ぐんでいた。もちろん、僕と同じように新しいことを楽しみにしている部分もあっただろうが、寂しさが先に立っていたようだった。

さて、実際にはどうなったか。

思っていたほど夫婦の時間が確保できないことがわかってきた。子どもが五人もいると、誰かが学校や保育園を休むことがあるし、夫婦それぞれの用事や作業もあり、相変わらず忙しい。

つまり、これまで通り過ごしていたのでは、やりたいことはなにも起こらないのだ。

Googleカレンダーをチェックして相手の希望と都合をLINE*で確認し、新しい予定を入力し、その日を迎える。要するに意識的に計画しないと実現しないのだ。当たり前と言えば当たり前、しかし13年の間にすっかりやり方を忘れてしまったようだ。

子どもの成長フェーズによって、僕ら夫婦の在り方や付き合い方も変わってくる。常に意識しておきたいことのひとつだ。

 

*歳のせいか、約束や聞いたことをすぐに忘れるようになった。後々やりとりを確認できるように、大事なことは記録に残すようにしてる。

 

 

写真:土佐町の「Ombelico」さんで友人に撮ってもらった一枚。ふたりでレストランでランチなんて、何年ぶりだろう。

Thanks to 前田きおみ

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone