窪内隆起

山峡のおぼろ

歩いて高知へ

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

 

旧地蔵寺村西石原の出身。旧石原小学校を出て、旧制の海南中学校(現小津高校)に入学したのが昭和20年の4月で、その4ヵ月後に敗戦となった。

兄弟夫婦で時々西石原に帰って、家に風を通し、墓参りをして、草取りなどをしている。

今は車で簡単に往復することが出来るが、そんな現在を考える時、必ずと言っていいほど思い浮かぶのは戦中戦後の一時期、高知と西石原とを歩いて往復した苦闘の思い出である。

バス便は幼年時代からあった。しかし太平洋戦争末期になるとガソリン不足から、燃料が木炭になり、そのバスも敗戦から1年ほど前に姿を消した。

 

忘れられないのは海南中学校受験の時、高知市に行く方法がないので、供出の木材を運ぶ馬車の荷台に乗せてもらったこと。朝に出て夕方に着いた。試験が終わって帰る時も馬車に乗った。

しかし馬車は毎日あるわけではなく、苦肉の策として人々が思いついたのは、歩くということだった。

バスが通っていた道路を歩くと、曲がりくねった山道なので大変時間がかかる。

そこで炭焼きさんとか伐採夫さんとか、山に詳しい人たちが知恵をしぼって考え出したのが、山越えで高知市まで歩く方法である。

その人たちがまず試しに歩いてみて、たちまちみんながその方法をとりはじめた。それしか方策がなかったのである。

 

どこを歩くのか全く判らないので、最初は用事で高知市に行く大人について行った。

西石原の押の川から、辻ヶ峰という山に分け入り、おの峰を超えるのだが、道というものではなく、獣道をくぐるようであった。そうして植林や雑木林の中を通り、現在の鏡ダムのほとりに下りた。

それからもだいたい誰かと一緒に歩いたが、日程の関係で一人で山越えしたこともあった。人にはめったに会わなかったが、山村育ちなので余り不安は感じなかった。午前8時頃に出て、午後3時か4時頃に着いた。

 

バスは戦後もしばらくはなかったので、その間休暇の時などは歩いて往復した。

慣れてくると余裕が出て、歩く脇の小谷にアメゴがいないかと思い、一度釣竿を持って行って釣ったが、モツゴばかりが釣れた。

もちろんバス便が復活してからは、この山越えをする人は居なくなった。

あの時どこをどう歩いたのか、今考えてみても、どうしても思い出せない。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone
山峡のおぼろ

彼岸花団子

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

 

 

彼岸花が田のあぜや道端の空き地を、赤いじゅうたんのように彩っているのを見ると、いつも一人の婆さんを思い出す。70年以上も前になるのに、その表情まではっきり覚えている。

西石原の我が家の隣が、婆さんの家であった。私が小学生の頃にはもう70歳以上で、同じぐらいの年齢の爺さんと二人で住んでいた。みんな婆さんを「お勇ばあさん」と呼んでいた。子どもたちも「おゆうばあちゃん」と呼んだ。本名は坂本勇(ゆう)さんである。

そのお勇ばあちゃんが時々、彼岸花の球根で作った団子を持ってきてくれた。

最初に見た時は、白くてうまそうだと思いかぶりついたが、味と言えるものは全くなく実にそっけないものであった。持て余している私を見た祖母が、

「これをつけて食べてみ」

と、しょうゆに砂糖を入れて持ってきてくれたので、それをつけると、なんとか食べられた。

「彼岸花の根は、ふだんは食べん。大事な飢饉食じゃきに」

やっと食べ終えた私に、祖母が言った。私には初めて知ることだった。

彼岸花には毒があって、そのまま食べることはできない。食べるには相当な手間と時間をかけて毒抜きをしなければならないが、難しくて自分には出来ない。このあたりでそれが出来るのは、お勇ばあさんぐらいだろう。

祖母はそういうことを言ったあと、

「昔は飢饉が多かったきに、彼岸花の団子も大切な非常食じゃった。それで、田のあぜとか、畑の岸とか、余った土地にいっぱい植えてあるんよ」

と説明してくれた。

この話に興味が湧いて、私はすぐ隣に行き、祖母から聞いたことをお勇ばあちゃんに話した。

 

「そうよね。昔は米がとれん時に、これを食べたそうよ」

お勇ばあちゃんは、彼岸花団子をのせた皿を手に持って、若い頃の思い出を話してくれた。

「母親に聞いたんよ」

娘の頃、飢饉食としての彼岸花団子の作り方を教えてくれたという。球根をとって谷川の水にさらし、それをゆでて、またさらし、毒抜きをする。そうしてすり鉢ですって、団子にするというのである。谷川でさらす時間を体得するのに何年もかかったとか。

「今は大きな飢饉もないので、これを作れる人も居らん。けんど万一の時を考えたら、忘れたらいかん。そう思うて、今も時々作ってみるんよ」

あちこちに見える彼岸花に目をやりながら、お勇ばあちゃんは笑みを浮かべていた。

田舎では彼岸花をシレエ(死霊)と呼んでいる。広辞苑によるとカミソリバナ、シビトバナ、トウロウバナ、マンジュシャゲ、捨子花、天蓋花という異名がある。

飢饉の時の非常食であったことが、このいくつかの異名からもうかがえるようだ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone