私の一冊

鳥山百合子

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

「星のような物語」 星野道夫 NHKプロモーション

写真家 星野道夫さんは1996年、取材先のカムチャッカ半島で事故により亡くなりました。

星野さんがもし生きていたら、お会いしたかった。星野さんの本を手に取るたびにそう思います。

星野さんのまなざしが伝わってくる写真と、星野さん自身の「軸」が隣に感じられるような文章がとても心に響きます。

「あわただしい、人間の日々の営みと並行して、もうひとつの時間が流れていることを、いつも心のどこかで感じていたい。」

「人の言葉ではなく、いつか見た風景に励まされたり勇気を与えられたりすることが、きっとあるような気がする。」

「これからどんな旅が待っているのか、自分自身にもわかりません。が、どれだけ長い時間をひとつの土地で過ごそうとまだすべて見ていないという心の白地図だけはいつまでも持ち続けたいものです。」

星野さんが暮らしたアラスカの空も、この場所の空も繋がっているんだということを思い出させてくれます。

鳥山百合子

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail this to someone

この記事を書いた人

  • とさちょうものがたり編集者。2011年神奈川県から土佐町へ移り住む。土佐町の姿、この地で暮らす人たちのことを伝えられたらと思っています。
とさちょうものがたり編集者。2011年神奈川県から土佐町へ移り住む。土佐町の姿、この地で暮らす人たちのことを伝えられたらと思っています。

写真

  • 石川拓也

    とさちょうものがたり編集長。写真家。90年代アジア・アフリカ・ヨーロッパなどを旅し、その後アメリカ・ニューヨークに住む。2002年に帰国、以来東京を拠点に雑誌や広告などの撮影を手がける。2016年8月より土佐町在住。ウェブサイト:http://ishikawatakuya.com/
とさちょうものがたり編集長。写真家。90年代アジア・アフリカ・ヨーロッパなどを旅し、その後アメリカ・ニューヨークに住む。2002年に帰国、以来東京を拠点に雑誌や広告などの撮影を手がける。2016年8月より土佐町在住。ウェブサイト:http://ishikawatakuya.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です